朋弥の "Harmony with myself"

ソウルケア・プロフェッショナル

*

いまさら入籍した訳

      2017/08/18

 

前夫と離婚して4年。
実はこのままシングルマザーでいいのでは?
とずっと思っていたのです。

 

束縛を嫌い、
形式にとらわれない水瓶座の特性なのか
パートナー(院長)との自由な関係は
とても気に入っていました。

 

住所も別。経済的にも別。
それでも向き合って生きていくという事は
意志と覚悟を試されてたような気がします。

 

離婚時に息子は父親の戸籍に入ったままで
私は実家に戻らず、私だけ別の戸籍となり
戸籍上ではたった独りという4年間でした。

 

この4年間の私の課題は「自立」でした。
精神的にも、経済的にも、
あらゆることにおいての自立です。
それは私の人生の課題でもあり、
本来の自分と向き合うための
大切な時間
となりました。

 

働くという事(仕事をするという事)。
母親であるという事。
女性であるという事。

 

本日入籍を決めた
パートナー(院長)を通して、
私はたくさんの進化と成長をしました。
私にはない思考、私には無かった世界観が
いつも人生の新しいピースとなって
多くの世界が広がっていきました。

 

彼の存在のお蔭で
私はとても自由になりました。

 

時間に追われて仕事をすることもなくなり
好きな時間に仕事が出来ています。
経済的にも、過去の自分には
考えられないほどの豊かさを
得られるようになりました。

 

だからこそ「このままでいいのでは?」
と思っていたのです。

 

しかし2017年に入ってから
自然界からのメッセージがガラッと変わり
次のステージにGO!という進めサインが
ガンガン入ってくるようになったのです。

 

(自立)の次の課題は(融合)

 

自分で確立していたスタイルも
自分で築き上げてきたもの全て壊して。
お互いに新たな状態になって
また一から作り上げていく事。

 

一人で積み上げていた仕事よりも
比較にならないくらいの
大きな志事が待っている。

 

実際に入籍することを決めた日から
仕事のスタイルの大幅な見直しが
既に始まっています。

 

自分たちは何をしに生まれてきたのか?
自由に喜びの人生を選択していい。

 

2017年2月22日
夫となった院長こと庵原大熙と
更なる人生の道を
共に歩んでいきたいと思います。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

bio hearts

[Web Site]

ようこそ、ビオハーツへ

[Facebook Page]
https://www.facebook.com/biohearts

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

bio hearts

[Web Site]

ようこそ、ビオハーツへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全ての幸せの鍵となる「私らしさ」
本質的な人生の基盤となる
自己愛と自己ケアの実践を学ぶ

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 恋愛のこと

  関連記事

年下男性と付き合って価値観・思い込みの外に出られた訳

40過ぎて年下の男性と恋愛することで一番悩んだこと。「それは彼の子供を産めるのか?」ということでした…

素敵女子はあえて婚活をしない。

ソウルメイトに会う為にはどうしたらいいのか?いろんな角度から語られてますね。私はこう思うのです…

これをしたら四十過ぎても運命の彼を引き寄せられる!

女子は大人になってしまうとあるパワーを失います。自分の目の前に王子様がひざまずく…そんな事が信じられなくなっていきます。しかし…

何が必要で、何が楽しくて、何が幸せか解らなくなった時にする事。

貴方を笑顔にして、幸せにするものを思い浮かべてください。それほど沢山は思い浮かばなかったと思います。全く思い浮かばなかった…という方もいるかもしれません…

他人に尽くし過ぎる人が幸せになれないメカニズム

付き合っている人が喜んでいるのか気になる。自分と一緒にいる事が相手にとって楽しいのか心配になる。これは過去の私です…

エンパスの恋愛について

この所ちょっと疑問に思うことが…それはパートナーシップについて。エンパスは相手が望むことがなんとなく解ってしまうのでそう振る舞う癖がついています…

インターコンチネンタル
好きじゃない人に好かれた時こそ女子力アップのチャンスです。

最近女子から良く聞く言葉なのですが、「どうでもいい人からモテても意味がないですよね!」「好きな人には好かれないけど、どうでもいい人からは好かれる」…

夫婦関係に妥協している女性たちの問題

「好きな人はいます。夫とは別です。」40代、50代の女性のお客様たちからのこの告白の多さに、この年代の女性が抱える問題をいつも突きつけられます…

井の頭池
年齢を重ねるとは、純度を増すこと

パートナーから「きれいだね」と毎日のように言ってもらえるのですが「ありがとう」と言いながらも、どうしても心の底から信じきることが出来ないひねくれている私がいました…

正義
幸せになる事を邪魔するキーワードとは

最近 数人のお客様の思考の中に「幸せになる」事に対してブロックしているある、共通した一つのキーワードが浮上してきました…