いつもの日常を、特別に変える

ビオハーツ朋弥のオフィシャルブログ

*

母親をもう一度好きになれた訳

      2018/01/16


 

ずっとフラワーエッセンスを使って
自分の潜在意識の蓋を開けていくと
繰り返し出てくる言葉がありました。

 

〔私は母に認めてもらえない〕

 

これは私にとって深く大きな闇でした。

 

今は少し占星術的な見解で考えていますが
・乙女座のしっかり者で働き者な母親
・射手座強調のザックリ性格に、
好奇心旺盛なみずがめ座の私。

 

理解しあうには難しい角度の関係です。

 

ずっとザックリでのんびりな私の性格を、心配していた母親は私を厳しく躾けました。

 

お手伝いをしても決して合格点はもらえず
もっとこうしたら良かったと言われます。

 

6歳の頃。母の日のプレゼントもカーネーションをあげたら、バラの方が好きなのに・・・と喜んでもらえませんでした。

 

私にとって母認めてもらえることは
人生においての目標となっていきました。

 

「あんたはアホだから・・・」
「あんたは抜けてるから・・・」

 

認めてもらえる為にがんばることが
人生の目標のようになっていました。

 

仕事をすること。結婚すること。
社会人としてきちんとしていること。
母親に認めてもらえるように必死でした。

 

しかし・・・・
ある日気がつきました。

 

私の幸せはとても単純なのですw
好きな人に「好き」と言えることのみでした。

 

友人にも子供にも
そしてパートナーにも
オープンでいられたら幸せなのです^^

 

それからは自分に正直になりました。

 

母の価値観ではなく、自分の価値観を優先させました。
そしてその為に幾度となく、不安や悲しみに襲われました。

 

しかし先日フラワーエッセンスに助けられ自分の中でしっかり答えが見えました。

 

私はいびつで穴が開いた器なのかもと・・

 

これは母親から見た時、とても心配な要因だったのだと思います。

 

「あんたここに穴があるから気をつけなさい!」と、常に私の穴を指摘して気がつかせようとした。
それは私を否定していたわけでなく
私の形に気がつかせようとしていたのかもしれません。

 

お陰で私は必死でそこをカバーしようと
歪んだ目標ではありましたけど
たくさんの努力と経験をしました。

 

今の私があるのは母のお陰です

 

私は母が大好きです

 

これが言える私は幸せ者です

 

私は穴の空いた器なのかもしれませんが
その分たくさんの水が入ります
下から漏れてますけど・・
しかし私から漏れた水で
誰かが潤うかもしれません。

 

だから穴が開いていても、完璧なのです。

 

いびつな形もパートナーと一緒にいることで安定します。この形でなければ
彼とはめぐり合えませんでした

 

だからいびつでも完璧なのです。

 

それが理解できたときに
〔私は認めてもらえない〕
この言葉は消えてなくなりました。

 

もうすぐ母の日ですね
お母さんに大好きと言える幸せを
感じてみるには良い機会かもしれません。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

bio hearts

[Web Site]

ようこそ、ビオハーツへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全ての幸せの鍵となる「私らしさ」
本質的な人生の基盤となる
自己愛と自己ケアの実践を学ぶ

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

【植物系魔女・朋弥】の無料メール講座

植物世界の扉
http://www.reservestock.jp/subscribe/9098

植物系魔女の〔食魔法〕実践講座
http://www.reservestock.jp/subscribe/12902

【繊細で傷つきやすい人達】専用講座/エンパスの基礎
http://www.reservestock.jp/subscribe/16502


 

 

 - 人生の階段

  関連記事

虐待とかレイプを受けていた過去のお話

実は初めて書きます。なぜ書かなかったか?というと相手がいる事だから。私はその相手が大嫌いですが責める気持ちは今は全くありません…

アトピーまみれから得た財産

女性が一番美しい時代と言われている20代前半、私はほぼ寝たきりでした…

マクロビだけではこの身体はつくれませんでした

  「朋弥さんマクロビオティックやってるんですよね??」 そう聞かれて …

いまさら入籍した訳

前夫と離婚して4年。実はこのままシングルマザーでいいのでは?とずっと思っていたのです…

アトピーという名の鎧

一般的にぼーっとした不器用な子供時代でした。ダメな子だった私は自分を守ったのです。全身アトピーであることで…

年下男性と付き合って価値観・思い込みの外に出られた訳

40過ぎて年下の男性と恋愛することで一番悩んだこと。「それは彼の子供を産めるのか?」ということでした…