朋弥の "Harmony with myself"

ソウルケア・プロフェッショナル

*

アトピーまみれから得た財産

      2017/09/03


 

20代の前半の頃
私はほぼ寝たきりでした。

 

重度のアトピーでステロイド剤を
使い続けていた私はステロイドの
使用を辞めたとたんに全身から
膿が吹き出し日常の生活が
ままならなくなりました。

 

女性が一番美しい時代と言われている
20代前半

 

私は全身真っ赤のケロイド状態でした。

 

こうなると皮膚にあたる
下着さえも痛い。
寝返りさえもためらいます。

 

喉が渇いても
動くことの方が辛いので
ただ横たわっているしかない。
そんな日々でした。

 

ただ横たわる世界。

 

たくさんの事を考えました。
膨大な時間と
呼吸だけが聞こえてくる世界。

 

絶望と闇と不安。

 

当然たくさんのものを失いました。
仕事、当時のパートナー、友人…

 

今思うと
それまでの自分の押し込めてきたものが
噴出した状態。
完全にソウルの問題でした。

 

しかし当時はそんな知識もなく…
全て自分が悪いからだと思って生きていました。

 

『普通の生活が送りたい』

 

これだけが私の願いになりました。

 

普通に街が歩けたら
普通に買い物をしたり、お茶が出来たら
そして普通に働けたら…
なんでもないことの幸せ。私はそんな風に
自分にとっての幸せを見つめることが
出来るようになったのです。

 
今では貴重な過去の体験。
周りは色のない世界。
そんな時でさえも植物たちが
優しく私を支えてくれていた特別な時間でした。

 

あの時のどん底の経験が
今の私を支えてくれています。

 

自分が自分を見放さず
自分のケアをして愛していく事。
自己愛は全ての現実化の基盤となります。

 

もしも辛い現状だったとしても
必ず変わります。変化をします。
それが宇宙の原理だからです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

bio hearts

[Web Site]

ようこそ、ビオハーツへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全ての幸せの鍵となる「私らしさ」
本質的な人生の基盤となる
自己愛と自己ケアの実践を学ぶ

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - これまでの人生

  関連記事

虐待とかレイプを受けていた過去のお話し。

実は初めて書きます。なぜ書かなかったか?というと相手がいる事だから。私はその相手が大嫌いですが責める気持ちは今は全くありません…

「働く」という自己表現について

病気で働けなかった…という過去のせいか『働くこと』はいつも私の身近にありました…

全身が真っ赤なアトピー時代を克服した方法

実は私、子供時代をものすごい田舎で大自然に囲まれて過ごしていました…

年下男性と付き合って価値観・思い込みの外に出られた訳

40過ぎて年下の男性と恋愛することで一番悩んだこと。「それは彼の子供を産めるのか?」ということでした…