子供の急な発熱にキャベツ枕のお手当が有効です

キャベツ
私には10歳の息子がいます(2014年)
すっかり少年になって急な高熱などは
なくなってきました。

 

しかし幼児期はよく熱を出す子供でした。

 

食べ物について一般的な知識しかなかった頃
私はバランスよく食べさせる事に気を使っていました。
いわゆる一般的な栄養学のバランスです。
野菜・肉・牛乳・魚・卵・穀類を使ってきちんと手作りで。
よく頑張っていたと我ながら思います。

 

この頃の息子は保育園児でしたが
すぐに中耳炎になり、鼻水もいつも出ている状態。
アトピーも出ていました。
耳鼻科に行っては鼻を吸引。
吸入器のお世話になる日々。
保育園の前に耳鼻科によって通園です。

 

そして溶連菌!もうすぐに感染する!
これに感染すると保育園にも行けません。
ひどいときは月に2回も感染…
母としてへし折れます…

 

まあ・・身体よわよわ男子でした

 

私がマクロビオティックを実践しだして
息子の体調はグイグイ変わっていくのですが
これはまた別の機会にお話いたしますね

 

元気になっても子供は節目に発熱します。

 

…というよりも元気な身体だからこそ
きちんと発熱できるようになりました。
そのため、息子も4歳以降に元気に発熱する日が
いきなりくることがありました。

 

マクロビオティックには食べる方法だけでなく
お手当てという外的処方もあります。
私はこれにものすごく助けられました。

 

子供の熱は『陽性』のエネルギーが一般的で
だいたい夕方~夜中にかけて高熱になります。
顔は赤く、手足も熱くなるのが特徴です。

 

こんなときはスーパーに走って
キャベツを4個くらい買ってきます。
あとストレートの林檎ジュース。
(出来れば濃縮還元でない物を)

 

子供が欲しがらないときには
無理に水分はあげなくて平気です。
あと何も食べさせないほうが早く回復します。
肉体が完全に治癒にエネルギーを注げるからです。
(たぶん子供も欲しがりません)

 

キャベツで頭を包むようにキャベツを敷きます。
キャベツ枕というもので、ヨーロッパの民間療法でもあるようです。
キャベツの陰性(アルカリ性)が熱の陽性(酸化している血液)を
中和してくれます。
これをすると子供も楽になって、
呼吸が穏やかになりすっと眠ってくれます。
(本当に嘘のようです)

 

キャベツがしんなりすると効力がなくなるので
そのたびに新しいキャベツに取り替えます。
使い終わったキャベツさんは感謝して捨てましょう。
自分の生命力を全て捧げて、
さらに毒素を吸収してくれています。
本当にありがとう~~
(食べてはいけませんよ)

 

インフルエンザのピークの時は
キャベツ交換を夜中10分おきの事もありました。
しかし確実に10分の間隔が15分・30分
と長くなっていきます。
朝には数時間くらいは平気になります。

 

身体とウイルスの戦いが終了すると
子供は水分を欲しがります。
回復期に入った安心サインです。
林檎ジュースを水で少し薄めて飲ませます。
薄めたほうが吸収力が上がるからです。

 

『水分を欲しがったら一安心』
お熱の山は越えました。

 

私は幾度となくこのキャベツ枕に助けられました。
夜中の40度越えの熱も、
キャベツを信じて超えられました。
本当に〔キャベツさん息子の脳を守って〕
という気持ちでした。

 

今はすっかりキャベツの出番がなくなりましたが・・

 

こんな事で?と実践するまでは
私も半信半疑でしたw
しかし私は本当に助けられました。

 

子供の急な発熱に、ぜひ試してみてください

 

あと子供が興奮して眠れなくなってる時も
キャベツ枕・・結構いけます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

bio hearts

[Web Site]

bio hearts

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全ての幸せの鍵となる「私らしさ」
本質的な人生の基盤となる
自己愛と自己ケアの実践を学ぶ

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事が気に入ったら
いいね !