朋弥の "Harmony with myself"

ソウルケア・プロフェッショナル

*

年下男性と付き合って価値観・思い込みの外に出られた訳

      2017/09/03

 

40過ぎて年下の男性と恋愛することで
一番悩んだこと。

 

「それは彼の子供を産めるのか?」
ということでした。

 

私より彼(院長)は5つ年下です。
私は離婚経験者で息子が一人います。
彼は未婚でした。

 

彼ときちんと向き合えるようになったのは
もうすでに40歳を過ぎていました。

 

もしも私が彼と生きていくと
彼の子供は生まれてこない。
私が生まない限りは…

 

で?私生めるの????
いや・・無理だ。

 

私はこれがとても辛い選択で
本当に悩みました。

 

実はこれには私の大きな思い込みがあって
「好きな人のDNAを残すことが最高の幸せ」
という自分の価値観に苦しんでいたのです。

 

これはあるヒーリングを受けて
気付くことができたのですが
私は子育てでとても傷ついていました。

 

愛しい存在である息子と共にいることは
私にとって幸せそのものだったのですが、
社会的には孤独であることを
余儀なくされることでもありました。

 

15年働いた仕事を辞め
ママ仲間の中には全く馴染めず
仕事で忙しい夫は不在の日々。

 

それでも息子が愛しくて
彼を守る為に自分の持っていたもの
全てを手放して子育てをしていました。

 

子育てとはそういうものだ!
と自分に言い聞かせるのですが、
夜になると自然に涙が出る。
そんな日々を送っていました。

 

「子供を生むのが幸せ」
と言う自分の思い込みと、
「子育ては傷つく」
という感情のトラウマの板ばさみ状態。

 

勝手に苦しい自分になっていました。

 

なぜなら、
そもそも院長は子供を望んだことなんて
一度もないのです。

 

院長の望みは、
私が健やかであること。
私が幸せであること。

 

頭では理解できるのですが、
何度も話し合っても向き合っても、
私の罪悪感はどうしても消えませんでした。

 

しかし、
頭でいくら考えてもダメだったことが、
ヒーリングのおかげで変わったのです。
必要だったのは理解ではなくて
根本的な癒しと解放
でした。

 

1番目は
子育てで傷ついていたことに気がつくこと。
そしてその痛みを抱きしめること。

 

2番目は
自分自身が作り出した価値観に気付き、
その価値観を手放すこと。

 

私たちは、生まれた時には
無限の可能性をもっていました。

 

自分自身の中の無限の可能性から
最高の経験と幸せを手に入れるためには
自分の傷を癒し、
こうでなくてはならないと信じている
価値観を手放していく事が必要です。

 

このプロセスが進めば進むほど
私たちは宇宙とリンクして
より健やかに豊かに幸せになっていきます。

 

どうか、
新しいステージの扉を開けるために、
必要なヒーリングを受けてみてください。

 

理解や知識を超えて
現実を動かすことが出来ますよ。

 

私が今回受けたヒーリングは
2016秋に改定されたばかりの
エンソフィックレイヒーリングです。
とてつもないエネルギーがやってきて
現実が動きます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無限の可能性の扉を開く
エンソフィックレイ・ヒーリング

現在キャンペーンは終了していますが
お問い合わせの上申し込みは可能です。

bio hearts

[Web Site]

ようこそ、ビオハーツへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全ての幸せの鍵となる「私らしさ」
本質的な人生の基盤となる
自己愛と自己ケアの実践を学ぶ

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 恋愛のこと, これまでの人生

  関連記事

いまさら入籍した訳

前夫と離婚して4年。実はこのままシングルマザーでいいのでは?とずっと思っていたのです…

正義
幸せになる事を邪魔するキーワードとは

最近 数人のお客様の思考の中に「幸せになる」事に対してブロックしているある、共通した一つのキーワードが浮上してきました…

全身が真っ赤なアトピー時代を克服した方法

実は私、子供時代をものすごい田舎で大自然に囲まれて過ごしていました…

「働く」という自己表現について

病気で働けなかった…という過去のせいか『働くこと』はいつも私の身近にありました…

インターコンチネンタル
好きじゃない人に好かれた時こそ女子力アップのチャンスです。

最近女子から良く聞く言葉なのですが、「どうでもいい人からモテても意味がないですよね!」「好きな人には好かれないけど、どうでもいい人からは好かれる」…

エンパスの恋愛について

この所ちょっと疑問に思うことが…それはパートナーシップについて。エンパスは相手が望むことがなんとなく解ってしまうのでそう振る舞う癖がついています…

素敵女子はあえて婚活をしない。

ソウルメイトに会う為にはどうしたらいいのか?いろんな角度から語られてますね。私はこう思うのです…

アトピーまみれから得た財産

女性が一番美しい時代と言われている20代前半、私はほぼ寝たきりでした…

他人に尽くし過ぎる人が幸せになれないメカニズム

付き合っている人が喜んでいるのか気になる。自分と一緒にいる事が相手にとって楽しいのか心配になる。これは過去の私です…

夫婦関係に妥協している女性たちの問題

「好きな人はいます。夫とは別です。」40代、50代の女性のお客様たちからのこの告白の多さに、この年代の女性が抱える問題をいつも突きつけられます…