いつもの日常を、特別に変える

ビオハーツ朋弥のオフィシャルブログ

*

アトピーという名の鎧

      2018/01/16


 

私はずっとアトピー性皮膚炎でした。

 

メルマガやブログを読んでくださった方は
知っているかもしれませんが
かなり重度のアトピー患者でした。

 

象のように固い皮膚
掻きむしって血が出るなんて日常。
顔も首も腕も足も背中も
皮膚が落ちて大変でした。

 

しかし今はほぼ良くなっています。

 

アトピーの改善を目指した過去の私は
肉体へのフォーカスしか
していませんでした。
病院・整体・漢方薬・アロマ・YOGA・食
全て現実という目に見える世界を改善して
治そうとしていました。

 

しかし今は解ります。
人間というものの本質を知らずに
身体だけを見ていても
症状を改善するのは不可能です。

 

なぜなら人間には心〔ソウル〕があるからです。

 

一見自分にとってネガティブな症状でも
それは自分が作り出している症状です。

 

必ず自分でその症状を作り出した理由が隠されています。

 

病気を抱えた人はきっと
「心から治りたいと願っています!」というでしょう。

 

そしてそれも真実です。
虚弱だった私も毎日健康を願って生きてきました。

 

ただ心には必ず自分には見えない部分が存在しているのです。
その部分と向き合わない限り心は
身体を使ってメッセージを送り続けてきます。

 

私の見えなかった心の領域の理由。
私の場合はアトピーは自己防衛でした。

 

エネルギーに敏感だったために
他の人の見えないところに気が付いてしまう。
またその逆で、みんなには当然の事が認識できない。
記憶力はいいのに、掛け算は覚えられない。
よく気が付くのに、物がかたずけられない。

 

一般的にぼーっとした
不器用な子供時代でした。
ダメな子だった私は自分を守ったのです。
全身アトピーであることで。

 

全身アトピーのかわいそうな自分。
だからこれ以上私を責めないでください。
だから私に優しくしてください。

 

そんな私の甘えや弱さや怒りや抵抗の
現れがアトピーになることでした。

 

キラキラ・ピカピカだと言い訳ができないし
出来ないことを責められて攻撃されるから
私はボロボロの皮膚をまとうことを選んでいたのです。

 

それに気が付いたときに
私は自分の呪縛から解放されました。

 

もう自分からボロボロを着るのはやめよう・・・
もう弱いふりをして優しくされることを求めるのはやめよう・・・
もう私をダメな人間だと非難する人はいないと知ろう・・
私は強くて素晴らしい存在だと受け入れよう・・・

 

それに気が付かせてくれたのは
パートナーと息子でした。

 

私の弱い心の部分を
容赦なく見せてくれました^^

 

自分が見えない心の領域は
あなたの周りの人が鏡となって見せてくれます。
そのメッセージとしっかりと向き合うことは
自分自身を知って
自分自身と向き合うことです。

 

では過去の私が自分と向き合っていなかったのか?
そんなことはありません。
いつも自分と向き合っていました。

 

しかし本質を見ることはできませんでした。

 

その理由は・・・・
人間の本質の構造を理解していなかったから。

 

そして・・・
その流れに入る準備が出来ていなかったから。

 

流れを変えたいと強く願った時に
そして準備が出来た時チャンスが訪れます。

 

それは今までのあなたの中にはなかったものでしょう。

 

変わるということは
新しい何かを受け入れるということです。

 

私にとっての新しいもの。
それは目に見えない世界
形而上学の学びでした。

 

漠然とした目に見えない世界を
理解していくことこそ
目に見える現実を動かしていく第1歩です。

 

あなたの周りには
自分には見えていないあなたが存在します。
きちんとケアは出来ていますか?

 

目に見えない自分を知った時に
あなたの人生の流れは大きく変わりますよ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

bio hearts

[Web Site]

ようこそ、ビオハーツへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全ての幸せの鍵となる「私らしさ」
本質的な人生の基盤となる
自己愛と自己ケアの実践を学ぶ

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 人生の階段

  関連記事

アトピーまみれから得た財産

女性が一番美しい時代と言われている20代前半、私はほぼ寝たきりでした…

いまさら入籍した訳

前夫と離婚して4年。実はこのままシングルマザーでいいのでは?とずっと思っていたのです…

年下男性と付き合って価値観・思い込みの外に出られた訳

40過ぎて年下の男性と恋愛することで一番悩んだこと。「それは彼の子供を産めるのか?」ということでした…

虐待とかレイプを受けていた過去のお話

実は初めて書きます。なぜ書かなかったか?というと相手がいる事だから。私はその相手が大嫌いですが責める気持ちは今は全くありません…

母親をもう一度好きになれた訳

ずっとフラワーエッセンスを使って 自分の潜在意識の蓋を開けていくと …

マクロビだけではこの身体はつくれませんでした

  「朋弥さんマクロビオティックやってるんですよね??」 そう聞かれて …