朋弥の "Harmony with myself"

ソウルケア・プロフェッショナル

*

虐待とかレイプを受けていた過去のお話し。

      2017/08/19


 

実は初めて書きます。
虐待もレイプも重いお話です。

 

なぜ書かなかったか?
というと相手がいる事だから。

 

私はその相手が大嫌いですが
責める気持ちは今は全くありません。
(書くという行為は責める行為のような
気がして書くことをしてきませんでした)

 

私にとって虐待もレイプも
『経験』の一つとして
たくさんの学びを与えてくれた
出来事でしかありません。

 

その経験によって
自分自身を中から破壊され
どん底の世界を見ることが出来たからです。

 

もちろんこれは
今だから言える事。

 

どん底の渦中にいた私には
今の私は想像できないでしょう。

 

けれど・・・
今の私には大切な私の人生のピースです。

 

お客様の中には
『虐待を受けたから~だ』
『レイプを受けたから~だ』
とずっとどん底に居続ける方もいます。

 

もちろんそれには
適切な脱出の仕方とプロセスが必要になります。
つらく悲しい出来事ですから深い癒しは不可欠です。

 

全ては本当の自分の
エネルギーセンターに繋がることなのですが。
これにもエネルギーの段階が必要です。

 

しかし一番厄介なのは
もうどん底を脱却しているのに
この過去を話すと『優しくされる』経験を
味わってしまって、そのループから抜けられない人。

 

悲劇のヒロイン。という状態です。

 

私は自分自身が経験してきたことなので
これにはまっている方を
とってもよく見つけてしまうのです。

 

実はこれって
不幸への切符なんです。

 

自分をかわいそうがっていると
一見世間は優しくしてくれますが
本当に『かわいそう』という
現実を引き寄せてきます。

 

幸せになれないループなのです。

 

私達は過去に生きていません。
私達が生きているのは『今』だけなのです。
未来に怯える必要もありません。

 

虐待されたこと
レイプされたこと

 

それは辛かったでは
済ませれないほどの
どん底の過去。

 

しかし大切なのは今の私。
それに耐えぬいて今を作り上げた
自分に感謝しているし、誇りに思っています。

 

『偉かったじゃん!わたし~』って満面の笑顔で
自分をしっかりと抱きしめてあげられています。

 

そしたら
『君は素晴らしいね。最高の女性だね』といって
抱きしめてもらえる現実を引き寄せるのです。

 

シンデレラも過去の虐待を嘆いていない(笑)
幸せになるためのプロセスでしかないのですから。

 

『シンデレラストーリー』って
ただポーッと幸せになるって話じゃないですからね~
女性は誰でもナイトを見つけて
幸せになることが出来る尊い存在なんですよ。
 

そんな朋弥の
ソウルケアセッションをご希望の方
ビオハーツでお待ちしてます。

女性は特に。
絶対に幸せになれる尊い存在なのですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

bio hearts

[Web Site]

ようこそ、ビオハーツへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全ての幸せの鍵となる「私らしさ」
本質的な人生の基盤となる
自己愛と自己ケアの実践を学ぶ

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - これまでの人生

  関連記事

全身が真っ赤なアトピー時代を克服した方法

実は私、子供時代をものすごい田舎で大自然に囲まれて過ごしていました…

アトピーまみれから得た財産

女性が一番美しい時代と言われている20代前半、私はほぼ寝たきりでした…

年下男性と付き合って価値観・思い込みの外に出られた訳

40過ぎて年下の男性と恋愛することで一番悩んだこと。「それは彼の子供を産めるのか?」ということでした…

「働く」という自己表現について

病気で働けなかった…という過去のせいか『働くこと』はいつも私の身近にありました…